テンポ

スポンサーリンク
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】左手にメロディがくるところで、右手と合わない問題の解決策

ブルグミュラー 25の練習曲 Op.100 より「バラード」 を学習している方から質問を受けて 記事にしたことがある内容ですが、 今回は新たな譜例と共に解説します。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的...
テンポ関連

【ピアノ】ゆっくり弾いて暗譜をチェックしよう

「テンポを落として弾いたら、なぜか暗譜が怪しくなった」 という部分を無くしておくのが、 本番を成功させるコツのひとつです。 暗譜ができているのかをチェックする項目に 「ゆっくり弾いて暗譜チェックする」 というの...
テンポ関連

【ピアノ】組曲や変奏曲の学習では、テンポを一覧化しよう

組曲や変奏曲では、 テンポを一覧化することで ひと目でそれらをながめられるようにしておくと、 各セクションのテンポ配分を バランスを考えながら決めていくのに有効です。 組曲や変奏曲などの 小さな楽曲が集まって成り...
テンポ関連

【ピアノ】テンポが上がらないところは、たいていどちらかの手に問題がある

本記事では、 テンポアップを少なからずラクにする方法を 解説します。 前回の記事で、 難所の、特に跳躍が連続する難所のテンポを上げるためには とにかくその部分だけでも暗譜をすべきだと書きました。 暗譜した...
テンポ関連

【ピアノ】楽曲が要求しているテンポを示しているフレーズを見つける

緩徐楽章をはじめとした テンポの緩やかな作品におけるテンポ設定については、 その楽曲の中でいちばん音価が細かいところに目をつけるというのが定番。 一方、 「楽曲が要求しているテンポを示しているフレーズを見つける」 というのがい...
テンポ関連

【ピアノ】想定よりも少し速めのテンポに慣れると余裕が生まれる

目指すべきテンポよりも 少し速めに弾けるようにしておくと、 演奏時の余裕が生まれます。 各種応用練習で目指すべきところは、 仕上げを想定した実際の形で練習できる段階まで 引き上げることです。 一方...
本番直前 / 本番当日 / 本番後

【ピアノ】本番3日前なのに何とかなっていない場合の対処法

本番3日前なのに何とかなっていない場合の対処法を 大きく3点に分けて解説します。 以前に、 【ピアノ】本番1週間前に多少ガタガタでも何とか間に合わせる方法 という記事を書きましたが、 本記事で取り上げるのは...
テンポ関連

【ピアノ】「ペダルによる濁り」と「音楽の流れ」のどちらを優先するか

ゆるやかなテンポの楽曲において 濁りにあわせて細かくペダルを踏みかえることで 音響がクリーンになることは間違いありません。 しかし、 それがあまりにもひんぱんだったり テンポが少し速めだったりすると フレーズがブツブツして ...
テンポ関連

【ピアノ】部分練習を効率的に実行するためのヒント

部分練習を設定するときには せめて、 誤りの回数のほうが少なくなるようなテンポや練習方法を 試みましょう。 つっかえてしまう難しいところで メトロノームにあわせて ミスしないまで弾き続ける、 などといっ...
テンポ関連

【ピアノ】楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする

「楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする」 という点に注意して 楽曲を大きく全体でとらえることが重要です。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 例1:J.S.バッハ「平均...
テンポ関連

【ピアノ】速度標語は、譜読みが終わった後に見直そう

譜読みが終わった後というのは 楽曲理解が圧倒的に深まっているため、 速度標語に関するとらえ方にも 変化が起きている可能性があります。 古典以前の作品など メトロノーム速度指示が書かれていない作品の場合は、 A...
アゴーギク

【ピアノ】時間をとるところは、必ずしもセクションの変わり目ではない

「演奏上、どこで時間をとるか」 というのは たびたび頭を悩ませます。 本記事では、 それを解決するヒントのひとつを解説します。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました