【ピアノ】片手のみになる箇所の難しさ

スポンサーリンク
本記事では、
「片手のみになる箇所」の難しさと、
その解決方法を解説しています。
中級者以上に向けた内容です。

 

ベートーヴェン「エリーゼのために」

の冒頭などもそうですが、

楽曲の冒頭や途中で

ふと片手だけになって

一種の無伴奏状態の表現になることがあります。

 

片手のみになる場所の難しさは、

音が露呈されるので

「音と音との横へのつながり」

にまで細かく耳を傾けられてしまうということです。

 

打鍵速度を揃えることで音色を揃えて、

音と音の横のつながりを良くする必要があります。

ダイナミクスが多少変わっても音色が近いと

仲が悪い音には聴こえません。

私は、

「音がはっきり見えないように」

という言葉を使って指導しますが、

一音一音が縦割りにならないようにしないといけません。

この際、打鍵上のテクニックとして有効なのは、

「出来る限り指を鍵盤から上げないこと」

です。

練習するときには

テンポをかなりゆっくりに広げて、

鍵盤の触覚も感じながら練習するところから

始めると良いでしょう。

 

こういった内容は、

「音はきちんと弾けている」

という段階をクリアしてから

更にワンステップ上がるために必要な技術です。

同じ楽曲を弾いても

このような細かなニュアンスで聴こえ方が全く変わるのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました