【ピアノ】まずは3曲

スポンサーリンク
本記事では、
「練習する楽曲の曲数」
に迷ったときの指標を提案しています。

 

「まずは3曲」

これは、

ピアノ練習のあらゆるシーンで使える考え方です。

例えば、

「独学でバッハをやろうと思うけど、作品は多いし、何曲くらいやればいいかな?」
「イベントで1曲弾くように頼まれたけど、
無茶振りでアンコールが来るかもしれないから、多めに用意した方がいいかな?」
「ディズニーの楽曲をレパートリーにしたら使えるシーンが多そうだけど、
何曲持っておけばいいかな?」

などなど。

これらに対する答えは全て、

「まずは3曲」

と言えます。

 

「3曲」という量は

ある一定のまとまりとしては適量。

内容の傾向も見えてきますし、少な過ぎることもない。

「3曲を目安にしておいて、必要に応じて更に追加する」

これは、あらゆるシーンで活用出来る考え方です。

迷ったら3曲、とりあえず3曲。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました