【ピアノ】出し終わった音にも責任を持とう

スポンサーリンク

 

音を出し終わったら
もうその音に対して無意識になっていませんか?
「”脱!出しっぱ” のススメ」が本記事の内容です。
(中級者以上向け)

 

【本記事の結論】
◉音を聴き続けることで「音色」に次の音との関連性を持たせないと、フレーズが細切れになる
◉音を聴き続けないと、次の音との音響バランスもとれない

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

「出し終わった音も責任を持って聴き続ける」

これを徹底しましょう。

特に長く伸びる音価のときには ”意思と意識” が必要です。

 

■出し終わった音にも責任を持とう

♬ 鍵盤を指でおろしたままの場合

 

このケースでは

ペダルに頼りきっているわけではありません。

しかし、

鍵盤を指でおろしたままであっても

その音を聴き続けていないと演奏にあらわれてしまいます。

◉ 音を聴き続けることで「音色」に次の音との関連性を持たせないと、フレーズが細切れになる
◉ 音を聴き続けないと、次に出てくる音との音響バランスもとれない

これらが理由です。

 

メロディラインを例にしましょう。

ラヴェル「ハイドンの名によるメヌエット」

譜例(PD作品、Finaleで作成、5-8小節)

(米印)の箇所を見てください。

7小節目のメロディは

「4分音符 + 8分音符 4つ」

となっていますが、

こういったリズムでは、

4分音符の直後(米印の部分)で音楽が切れてしまうことが多くあります。

ペダルで音がつながっているかどうかは関係ありません。

ペダルを使っていても頼りすぎずに

できる限りギリギリまで指でもつなげて

メロディFis音からE音へのつながりをよく意識する。

そうすることでようやく

つながったフレーズが生まれます。

 

別の言い方をしましょう。

注意すべきなのは「音色」

仮に音自体はつながっていても

直後の音との音色があまりにも異なると

別々に聴こえてしまうのです。

だからこそ、

音を聴き続けることで

音色に関連性を持たせないといけません。

 

また、

私は「レガートの法則」と呼んでいるのですが、

「隣の音と音色が近ければ、音量に差があってもレガートに聴こえる」

というものがあります。

つまり、

音色を揃えることでフレーズの細切れを防げるのです。

 

鍵盤をおろしたまま、音を保持していることを意識する。

「音を持ち続ける」

という言い方をすることもあります。

 

♬ 指は離してしまい、ペダルで残す場合

 

以下の譜例のような

跳躍するメロディなどで

「指ではレガートにできず、ペダルでつなげざる得ない場合」では

前項と同様の注意が必要。

音を聴き続けることで音色に関連性を持たせる必要があります。

 

ショパン「ノクターン第2番 op.9-2」

譜例(PD作品、Finaleで作成、4小節目のメロディ)

 

さらに、

「音を聴き続けて、次に出てくる音との音響バランスをとる」

というケースについて解説します。

 

ショパン「舟歌 op.60」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲頭)

曲頭に深いバスの音が出てきます。

こういったバスの響きは

音を聴き続けるべきところの代表格。

つまり、

「指は離しているけれども、ペダルで音響を残して長く伸び続けているバス音」

のことです。

 

伸びている音を耳で聴き続ける必要アリ。

そうすることで、

直後に出てくる音のバランスを決定することができます。

もし、バス音を耳で聴き続けていなければ

直後に出てくる音の「ダイナミクス」も「音色」も

「全く無関係なもの」となってしまいます。

音楽は全て前後関係で関連しあっているのです。

 

譜例の場合は、

「バスの深い響きのお皿に、その後の音をどのような音響バランスで乗せるか」

ということを決定したいですよね。

その際に、

「バスを出しっぱなしで、それ以降は聴いていなければどうしようもない」

ということを言いたいのです。

 


 

今回は頻出の例を挙げましたが、

出し終わった音を聴き続けることは

他にもあらゆる場合で必須となります。

鍵盤はONとOFFのスイッチではありません。

自分の出した音に責任を持ちましょう。

 

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました