【ピアノ】手首を柔らかくする、鍵盤の上で出来るストレッチ

本記事では、
「手首を柔らかくする、鍵盤の上で出来るストレッチ」
をご紹介しています。

 

昨日は、

「手首を使う位置とフレージングとの関連」

について書きましたが、

今回は

「手首を柔らかくするストレッチ」です。

 

ピアノ演奏では

手首が常にフニャフニャしているのはNG。

一方、柔らかく使った方が

音色をつくれる場面も多くあるので、

柔らかく使おうと思った時に

対応できる関節の柔軟さは必要です。

 

単に手首を回すだけでは

ピアノ演奏に直結しません。

そこで、

鍵盤上で出来るストレッチが有効なのです。

次の譜例を見て下さい。

次の手順でおこないます。

①譜例の音を打鍵して鍵盤の底でキープ
②右手の手首を「反時計回り」に回すと同時に、左手の手首を「時計回り」に回す
(この時にひじも一緒に回転させる)
③20回まわしたら、次は両手首とも逆回転で20回まわす

これを1セットとし、一日に数セットおこないます。

 

「回すときに上腕やひじに決して余計な力を入れずに楽にしておくこと」
「勢いよく回すと手首を痛める可能性があるのでゆっくりと」
「打鍵したままの指は必要以上に押さえつけないように」

これらが練習における注意点です。

あくまで

「ピアノ演奏しているときと同じような感覚」

でおこなうことが目的だからです。

 

このストレッチは

私が音大生時代に習ったものです。

「打鍵したままおこなうストレッチ」

という部分がポイント。

やってみるとわかるのですが、

初めのうちはびっくりするくらい

手首が動かしにくいはずです。

しかし、

この柔軟も継続が大事で

段々と可動域が広がっていきます。

 

毎日少しづつ取り組んでみてください。

「音を出さなくても取り組める練習」

とも言えるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました