【ピアノ】ルバートが必要な楽曲の仕上げ方

スポンサーリンク
本記事では、
ロマン派の多くの作品など「ルバートが必要な楽曲」を
音楽的に仕上げる方法をご紹介しています。

 

「先に曲想をつけて、それに対して音が入るタイミングを合わせていく」

これが超重要です。

逆に、

音だけ読んでしまって

インテンポのような状態で概ね弾けるようになり

その後から曲想をつけると

音楽的に仕上がらないのです。

これはおそらく、

音だけ読んでしまった状態の演奏が

自分のその楽曲に対する標準となって

身体に入ってしまうからではないかと思います。

 

曲想をつけていく際に重要なのは、

「譜読みをする段階で実際に口で歌ってみること」

ピアノだけで譜読みをする場合と

人間の歌を取り混ぜながら譜読みしていくのとでは

発見できる情報の量が全く異なります。

歌ってみると、

「どこの音を大切に歌うか」

「抑揚はどのようにつけたら音楽的か」

などといった項目が、

頭で考えなくても勝手にクリアされます。

しかし、

これをピアノ演奏に置き換えてみると

全く平坦に弾いてしまう学習者が多いのです。

「困ったら実際に歌ってみる」

これがキーポイントです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました