【ピアノ】ピアノが大好きなサラリーマン

スポンサーリンク
本記事では、
ピアノ練習において「諦めないことの重要性」をお伝えしています。

 

今から20年近く前のことです。

2000年代のはじめころ、

とあるサラリーマンが

ピアノの練習日記をブログにしていました。

当時は、

今ほどブログを書く方は少なかった時期です。

そのブログが面白くてよく見に行っていました。

ブログには、

「子育てとピアノ練習の両立」について取り上げられたり、

また、

f の箇所は赤く塗り、p の箇所は青く塗り、

「ドビュッシーの月の光は全体的に青い楽譜が出来上がります」

などと、

楽しそうに自身の練習の工夫と成果を報告されていました。

ショパン「バラード第4番」に挑戦する記事では

難易度的に全く手が届かない楽曲に対して

「楽譜を拡大コピーする」

「色塗り」

「もう一方の手で取れるところは取りまくる運指の工夫」

など、

本当にさまざまな練習アイディアを考えて

難曲に挑戦する様子を発信されていました。

ピアノが好きで好きでしょうがないのが

これでもかというほど伝わってくるブログでした。

 

このブログの思い出と共に

本記事をご覧くださっている方にお伝えしたいことは、

「今現在どんな状態であっても、決してピアノというものを諦めないでほしい」

ということです。

今は演奏の力やいろいろなことがまだでもいいのです。

ご紹介したブログの男性のように

本当にピアノが好きであれば

音楽をずっとずっと続けていけます。

 

ブログとまでは言いませんが、

私の指導では

「ピアノの練習日記」をつけることを生徒に勧めています。

日記にしたこと自体で上達するわけではありません。

しかし、

日記がたくさん集まった時に見返すと

「自分の練習内容や、音楽について考えていることの変化」

が “ある傾向” となって見えてきます。

このような傾向を知っておくことの重要さは

上級レベルになった時によくわかってきます。

騙されたと思って

日記をつけてみてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました