【ピアノ】気持ちをダウンさせてしまう原因 6選

スポンサーリンク
数多くの学習者を指導してきた中で、
上達する方の共通点を感じました。
「上達する方は自分の気持ちをダウンさせない」
ということです。
本記事では、
気持ちをダウンさせてしまう原因は何なのかをまとめました。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

「上達する方は自分の気持ちをダウンさせない」

とは言いますが、

ダウンさせたくなくてもしてしまうことはありますよね。

そこで必要なのは、

「どんな時に気持ちがダウンしてしまうのかを知っておく」

ということです。

それを知っていれば、

ある程度は自分でもコントロールがきくようになるでしょう。

また、理由さえ分かっていれば

仮にモチベーションがダウンしてしまっても

対処することができます。

 

■気持ちをダウンさせてしまう原因 6選

♬ 目標がないために、気持ちがダウンしてしまう

 

「目標がない」

もしくは

「目標が達成して、なくなってしまった」

というケースは

気持ちをダウンさせてしまう代表例。

特に独学の方は

自主的に動かない限りは

人前で演奏する機会も得られないですよね。

「自分一人で弾いて満足する」

というのは、目標とはなりにくいのです。

独学の一番の難しさはこの部分と言えるでしょう。

 

「常に目標を持ってね」

日頃生徒にはこのように伝えています。

きれい事として言っている軽い意味ではなく、

本当にそうしてほしいと思っています。

実際に、目標を持っているほうが気持ちは続くのです。

 

「目標の見つけ方がわからない」

という方もいらっしゃることでしょう。

一つアドヴァイスをします。

「”期限のある” 催しものに応募してみる」

これをおすすめします。

探せば山ほどあります。

期限のあるもの、例えば、

「再来月に人前で演奏する機会を作ってしまう」

などといったものです。

 

期限のない目標、例えば

「ラ・カンパネラを弾けるようになりたい」

などといった目標だと、さぼれてしまうのです。

仮に自分で「いついつまでに」と期限を決めても

それは自分の気持ち次第で変更できてしまいます。

第三者が関わっているイヴェントであれば期限の変更はできません。

この拘束をうまく利用しましょう。

 

♬ 周りのすごさに圧倒されて、気持ちがダウンしてしまう

 

演奏会などに参加してみたものの、

「周りの学習者のすごさに圧倒されて、気持ちがダウンしてしまった」

という話もよく耳にします。

こういった経験をお持ちの方は、

【ピアノ】ピアノを続けていく上で最も大切なこと

という記事を読んでください。

人と比べることの無意味さをお伝えしています。

 

ちなみに、

「周りのすごさ」というよりは

「周りの熱量」に圧倒されてげんなりしてしまう方も

時にはいらっしゃるようです。

イメージがつきにくいかもしれませんが、

「ガッツキ具合」
「熱心すぎてプロを目指している」
「初対面なのに、ものすごい勢いで知識をしゃべってくる」

こういった周りの学習者の熱量が

自分のピアノに対する想いよりも強すぎると

それがストレスになることもあるということです。

こういう時は

ムリに自分の熱量を上げるのではなく

コミュニティ自体を移動するほうが得策です。

周りに合わせて熱量も上げるのは結構ストレスなのです。

といいますか、熱量ってそういうものではないですよね。

 

♬ 指導者とうまくいかずに、気持ちがダウンしてしまう

 

これもあるあるですね。

他人との関係がストレスになってしまうこともあるでしょう。

独学では不要の悩みですが、

ピアノを続けている限り誰かしらと関わる機会はありますし

そういった機会はつくるべきとも言えます。

 

結論的には、

「あわないコミュニティであれば抜ける」
「あわない先生であれば離れる」

これしかありません。

 

その場で我慢して人間関係が改善されたケースもゼロではないでしょうし、

それこそ学生時代は

狭い「クラス」というコミュニティで我慢することも学んだと思います。

しかし、あなたはもう社会人です。

令和でインターネットも発達しています。

狭いところで消耗しているくらいでしたら

いっそのこと今の環境を離れて

新しい場を見つけるために動いてみるのはいかがですか?

 

【ピアノ】先生との関係が辛いなら、独学にしよう

という記事もあわせて参考にしてください。

 

♬ 修正がイヤで、気持ちがダウンしてしまう

 

これは主に習いにいっている学習者にあることです。

先生に

「ここをこのように直して」

と改善点を指摘されると

修正がイヤで気持ちがダウンしてしまう。

これは、自分のこだわりが強い学習者に多く見られます。

おそらく、

自分の中ではすでにOKの仕上がりであり

アドヴァイスをもらうというよりは

認めてもらったりマルをもらったりするために

通いにいっているのでしょう。

そして、次のレッスンの時には直してこない。

過去に見ていた音大のレッスン生の中でも

こういった生徒は何人かいました。

しかし、

当の指導者側からすると

「何をしにレッスンにきているんだろう?」

という疑問を持つことになります。

程度がひどいと

バカにされている気持ちさえ起こってきます。

 

前提として、

こだわりがあるのはいいことです。

言われるがままにすべていうことをきいて

自分で何も考えない学習者よりはずっといいでしょう。

しかし、

ピアノレッスンというのはコミュニケーションです。

コミュニケーションが成り立たなければ

指導者側としてもみることはできないわけです。

せめて、

「こう思っているから、ここはこうしてもいいですか?」

などというやりとりが生まれれば

お互いに気持ちよく学習を進められますよね。

 

♬ 失敗が理由で、気持ちをダウンさせてしまう

 

この内容に関しては、

【ピアノ】本番で失敗してしまったときに

という記事にまとめましたので参考にしてください。

 

♬ 何となくやる気の出ない日があり、気持ちがダウンしている

 

これは誰にでもあることです。

悩む必要はありません。

しかし、原因は考えてみた方がいいでしょう。

おそらく、

「目標が小さい証拠」

なのかもしれません。

目標が大きいと

「やらなくちゃ!せっかくなら結果も出したい」

とウズウズしてくるはずです。

私がみてきた生徒や私自身もそうでしたし、

今でもそういう気持ちは持っています。

 


 

本記事は以上です。

繰り返しますが、

「どんな時に気持ちがダウンしてしまうのかを知っておく」

ということは重要です。

それを把握して

ある程度は自分でもコントロールしていきましょう。

 

練習モチベーション」カテゴリー

もあわせてご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました