【ピアノ】ミニマリスト本から学ぶ、習慣を改める方法

スポンサーリンク
本記事では、
「ミニマリスト本」から
ピアノ練習にも応用できる一節をご紹介しています。

 

「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」
ジョシュア・ベッカー 著   かんき出版

の中に次のような一節があります。

(以下引用)

「一般的に、悪い習慣を変えたいのなら、
ただその習慣をやめるのではなく、
もっとためになる習慣と置き換えるといいと言われている。」

 

これは、あらゆる分野で言われていることです。

自身のピアノ学習に当てはめてみて、

何か一つでも習慣を改善してみましょう。

 

人間は自ら何かをやめようと思うと苦痛に感じてしまったり、

何かをやめてと言われると余計にやりたくなります。

しかし、何か別のものに置き換えることで

それらの反応を抑えることができるのは

私自身も感じてきました。

 

ミニマリストの方々の考え方は

他にもピアノ練習に活かせることがあります。

私自身が取り入れていることを先日記事にしました。

あわせてご覧ください。

◉【ピアノ】レパートリー維持のために楽譜を捨ててみよう!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました