【ピアノ】旋律を強調しすぎない方がいい場合

スポンサーリンク
本記事では、
「旋律の音量バランス」について、
強調しすぎない方がいいケースを解説しています。

 

「旋律(メロディ)」というのは

多くの場合は「主役」としての位置付けです。

伴奏や対旋律よりも遠慮してしまうと

全体のバランスを欠くことになります。

 

しかし、

「旋律を強調しすぎない方がいい場合」

というのもあるのです。

ここで言う「強調しすぎない」というのは

「抑揚をつけすぎない」

ということも含めての意図です。

 

該当ケースとしては、大きく次の2つ。

1、その後に待っている ”より大切な旋律” を活かすために、まだ淡々と弾いておいた方がいい場合
2、歌曲伴奏の場合

 

「その後に待っている ”より大切な旋律” を活かすために、
まだ淡々と弾いておいた方がいい場合」

というのは、

音楽を相対的に考えればわかりますね。

ダイナミクスに置き換えてみましょう。

「その後に待っている f を活かしたいのであれば、
今書かれている mf はやりすぎないほうが相対的に f の箇所が活きる」

これと似た考え方です。

抑揚をつけた旋律というのは、かなりものを言います。

したがって、

いつでも抑揚をつけすぎてしまうと

しゃべりすぎになってしまいます。

「メロディを出しすぎずに淡々と歌う箇所」
「メロディに思い切り抑揚をつけて歌う箇所」

これらを使い分けると

それぞれの表現がどちらも活かされます。

こういったことは音楽を大きな視点で捉えないと

見落としてしまう内容です。

 

続いて「歌曲伴奏の場合」についてですが、

この場合は

「旋律を強調しすぎない」というよりも

「和音のトップノートを強調しすぎない」

といった方がより正確です。

歌曲伴奏の場合、

和音が連続する伴奏型は多く

その場合は

和音のトップノートが旋律の役割を果たすこともあります。

しかし、

歌曲伴奏などの時には

あえて上の音などを強調しないほうが

歌手が歌いやすいケースが多いのです。

それは、

たとえ歌の旋律をユニゾンでなぞっていたとしてもです。

この辺りは

現場に合わせて歌手とやりとりしながら

適宜対応が必要となってきます。

もちろん、

間奏などで歌手が休んでいる箇所であれば

これには該当しません。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました