【ピアノ】生ピアノを手放す予定の方へ

スポンサーリンク
本記事では、
普段と少し趣旨を変え、
引越しなどに伴い生のピアノを手放す予定の方へ
「ピアノ買取業者を選ぶ際の注意点」をご紹介しています。

 

楽器練習では

住宅環境、また学習者の生活事情などが深く関わりますので、

「練習するならどんなピアノがいい」

などと一言で片付けられないことは

生徒を教えてきた経験からよくわかっています。

その上で、

引越しなどに伴い電子ピアノを購入し、

生のピアノを手放す決心をした方に向けて、

「ピアノ買取業者を選ぶ際の注意点」

をお伝えします。

 

私自身は

引越しが非常に多いほうです。

ピアノの生徒さんのこともあるので

近隣での引越しがほとんどですが、

音大生の頃は

「音大生用防音マンション」

以降も

「楽器演奏専用マンション」

「楽器相談可マンション」

「楽器演奏不可マンション(事務所として)」

など様々な賃貸物件に住んできました。

また、今までに複数のピアノを所持してきました。

ですので、

「ピアノ買取」や「ピアノ引越し」に関して

比較的多くの注意点を心得ています。

 

「買取」というのは

作業的に「部屋からの運び出し」も含んでいます。

そこで、最初にお伝えしたい注意点は、

「今現在 ”楽器演奏専用マンション” にお住まいの方は、
必ず管理会社に”ピアノ運び出しの業者” の指定がないかどうか確認する」

これはとても重要です。

物件によっては、

管理会社がピアノの買取や運送の会社と「紹介の契約」を結んでいる場合があり、

管理会社指定の業者以外を勝手に手配すると

契約違反になる可能性があります。

 

一般的な「楽器相談可マンション、アパート」「楽器演奏不可マンション、アパート」

にお住まいの方は、

管理会社指定の業者が決まっているケースは少ないので、

契約書などを見直してみて記述がなければ

自由に業者を選ぶことができます。

 

さて、この段階で超重要点があります。

「ピアノを買取してもらう場合、絶対に一括見積もりをとるべき」

ということです。

私自身も業者に依頼したことはありますが

本当に値段に幅があります。

ピアノ買取金額には運搬代金も関わっているため

相場は時期によって変動します。

また、同じ業者であっても

時期によって価格の変動が見られるケースはあります。

したがって、1社だけに相談してそこで決めてしまうと

大きく損をしてしまう可能性があります。

 

一括見積もりを取るオススメのサイトをご紹介しておきます。

 

「引越し侍のピアノ買取」

ピアノ買取一括査定申込

 

引越し侍さんは、

私自身もピアノ買取だけでなく実際の引越しの際にも利用したことがありますが、

非常にスムーズな見積もりが可能ですので、

「細かなことをするのはイヤ」
「見積もり依頼を出してからなるべく早く見積もり結果が欲しい」

などという方にはうってつけです。

また、業者が厳選されているので、

いわゆるホンモノの悪徳業者に当たってしまう心配もいりません。

 

生ピアノを手放す決意をした方は

無料一括見積もりを依頼してみましょう。

そして、

新たな楽器でピアノライフを充実させましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました