【ピアノ】その辺に落ちている楽譜を使わないこと

スポンサーリンク
本記事では、
小休憩(coffee break)として
「ネット上に落ちている楽譜を使うことの危険性」
について話題にしています。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

クラシック作品のうち、

規定の年数を経過したことで

「パプリックドメイン(公有)」になっているものは多くあります。

そういったこともあり、

ネット上にはあらゆる楽曲のスコアが転がっています。

「とりあえず見てみる」

ということだけで言えば

パブリックドメインになっていない現代曲を除いては

見ることができる時代になりました。

 

「楽譜は高いから買わずに、公有の落ちているものを探す」

などという声もよく耳にします。

気持ちは分かります。

しかし、これは長い目でみると危険なことなのです。

 

まず、1つ目の理由としては、

作品がパブリックドメインになっていても

特定の出版社が独自に編集したものがそのまま出ているのは

不正アップロードの可能性があるから。

 

また、他の理由としては以下のようなことが挙げられます。

 

【ピアノ】失敗しない楽譜の選び方 / 買い方

という記事でもご紹介したとおり、

各作曲家には

国際的な舞台においても

おおむね推奨されている版があります。

こういったものを基準にした場合、

ネット上に落ちている

どこの出版社とも分からないような、分かってもマイナー過ぎる出版社の楽譜は

アーティキュレーションをはじめ

ひどいときには音自体までにも違いがあります。

しかし、

クラシックはある意味「再現芸術」であり、

音楽学の研究や校訂者によって

きちんと目が通されているものを使った方がいいことは当然のことです。

 

何よりも怖いのは、

ゆくゆくその楽曲を真剣に勉強しようと思ったときに

一度違った内容が身体に入ってしまっていると

本番で披露する最後の最後まで

そのクセが抜けないことに悩まされる可能性があるからです。

「ちょっと楽譜の印象を見てみるだけだからいいや」

という軽い気持ちで

無料の楽譜に手を伸ばしてしまうのは危険です。

 

それに、

無料で手に入れるのがクセになると

楽曲も大切にしなくなります。

ちょっと気に入らなくなると

すぐに取り組む作品を変えてしまえるからです。

「定評がある、しっかりとした楽譜を購入した」

という、

ある意味での「拘束」があったほうが

作品を大切にするはずです。

参考記事:【ピアノ】拘束すると集中できる

 

いいですか、

クラシック作品というのは完成度の高いものが多く

一度レパートリーにしたら「一生もの」になる可能性が高いのです。

楽譜選びをいい加減にしてしまったせいで

後で大きな後悔をしないように気をつけましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました