【ピアノ】「対比の表現」の見つけ方

スポンサーリンク
「メリハリ」「コントラスト(対比)」
よく聞くワードですが、それらをどのように表現すればいいのでしょうか。
本記事では、注目すべきポイントをピックアップしてお伝えしています。

メリハリ表現として重要なのは大きく次の5つです。

◉「ダイナミクス( fp の交替など)」
◉「アゴーギク(インテンポとルバートの交替など)」
◉「テンポの変化(♩= 120 と ♩= 88 の交替など)」
◉「アーティキュレーション(軽やかさとレガートの交替など)」
◉「フレーズの長さ(長いフレーズと短いフレーズの交替など)」

細かなことをみていくと他にもあります。

これらのどれか一つでメリハリを表現する箇所もあれば、

組み合わせる箇所もあります。

メリハリがどのような要素で表現されるかをまとめましたが、

重要なのが、

「これらを意識して譜読みをする」

ということ。

 「 fp の交替」や「テンポの変化」などは見抜きやすいですが、

それ以外の要素は

意識を向けていないと

対比的要素だと気づかずになんとなく通り過ぎてしまいがち。

このような観点で楽曲を眺めてみると

一曲の中にたくさんの対比的要素が

含まれていることが分かるはずです。

そして、

見つけた要素は少し大げさに表現してみましょう。

自分では「10」表現しているつもりでも

聴いている人には「3」くらいしか伝わらないのが通常です。

「やり過ぎた」と思えば、

後からいくらでも調整できますので

まずはきちんと表現してみることが重要です。

 

ちなみに、

演奏自体で変えることは出来ない要素ですが、

「バスの位置(低いバスをどこまでとっておくか、など)」

こういった要素でも

作曲家はコントラストの工夫をしていることを

踏まえておきましょう。

 

「譜読み」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [譜読みに強くなる14のポイント]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました