【ピアノ】適度な競争心は必要

スポンサーリンク
音楽においても
競争心を持つことは
マイナスに捉えられることが多いようです。
しかし、
適度な競争心はあなたの演奏を上達させてくれます。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

以前の記事で以下のようなことを書きました。

「見栄、比較以外の面で音楽を続けている理由をはっきりさせておくことが大事」

当然、この考えは今も変わりません。

しかしこれは、

「自分を安心させるために、どんな競争からも降りる」

という意味ではないのです。

 

ピアノ学習を含め、あらゆる教育では

「競争」がなんだか良くないことのように

捉えられる傾向があるように感じます。

中には、

「コンクールを目指さない方針」

というのをウリに掲げている教室さえあります。

教室自体が素晴らしい可能性は充分にありますし、

その文言に安心する入室希望者がたくさんいるのも間違いありません。

しかし、

私はそういう情報を目にするたびに

「先生自身が、ご自身のコンプレックスから逃げているのではないか?」

と感じたりします。

 

仮に私が大人の初心者に戻ったとしたら、

「コンクールに挑戦したい生徒の背中は押し、そうでない生徒には強制しない」

という先生に習いたいと思うでしょう。

 

何も、

「ひたすらコンクールに出てください」

などと言うつもりはありません。

一方、

たとえ趣味の学習者であっても

上達が速い方は

適度な競争心を持っていることがほとんどです。

 

良くないのは、

「あの人は手が大きいのに私は…」
「あの人は絶対音感があるのに私は…」

などと

“変えられない部分” を競争というか比較して

落ち込んでしまうことです。

これはほんとうにマイナス。

 

しかし、

周りに触発されて

挑戦を決意するのはアリです。

例えば、次のような現象があります。

「長らく日本最高峰のコンクールで入賞者が出ていなかった音大で、
かなり久しぶりに入賞者が出た。
そうしたらわずか数年後に、もうひとり入賞した」

これは明らかに、

“久々の入賞者” が自分の周りに与えたインパクトと

それによる挑戦へのモチベーションが影響しています。

 

また、次のような例も。

「フィギュアスケートで誰かが大技を決めるたびに話題になる。
そして、遠くない未来に別の誰かが
さらなる大技に挑戦して成功させる」

 

このようにして

歴史が更新されていきます。

ジャンプ競技になってしまう弊害はあるのかもしれません。

しかし、

表現力も含めた全体的なレベルアップが起きているのは間違いありません。

 

分かりやすいと思ったので

コンペティションの例を挙げましたが、

まずは「過去の自分との競争」でもOK。

 

例えば、

◉ 今年はこの曲を仕上げたのだから、
来年はあの曲を “絶対に” モノにしよう
◉ 今までは褒めてもらいたくてレッスンへ行っていたけど、
これからはその考え方をしていた自分を “絶対に” 変えよう

など。

 

「私は趣味だから」

「私は専門に進みたいから」

などと、

自分自身の言葉で作る壁は必要ありません。

「ほんとうに奏でたい音楽があるかどうか」

これが大切です。

適度な競争心を持って

さらなる上達を目指していきましょう。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました