【ピアノ】和音の同音連打がバラついてしまう方へ

スポンサーリンク
本記事では、
和音演奏に関する基礎テクニックをお伝えしています。
すぐに読めるワンポイントレッスンです。

 

譜例のように、

伴奏型として「和音の同音連打」が出てくることは多くあります。

こういった音型は、

簡単そうに見えますが、ニュアンスは難しい。

特に mp 以下のダイナミクスの場合は

打鍵のタイミングが揃わず

「パララ」とアルペッジョがついたように

発音タイミングがずれてしまうことがありますよね。 

改善策としては、

「一度鍵盤を底まで打鍵したらステイして、その時の手の感触と形を覚えておく」

という方法がオススメです。

どんなことでも

何となくでやっていたら上手くいきません。

私たちの記憶を活用しましょう。

 

ピアノ演奏の基礎能力をつけたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ 3冊セット:

 「暗譜」「初見」「左手のテクニック」を克服したいあなたへ!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました